インクルーシブアートを考える

 昨日、
【インクルーシブアートを通して考える「舞台芸術の可能性」】
主催特定非営利活動法人みやぎダンスほか

というシンポジウムin仙台!に参加してきました!!
内容は、先月行なわれたみやぎダンスのパフォーマンス公演を検証する形で、
インクルーシブアートの可能性や課題について、主催者・振付師・空間デザイン・プロジューサーなど様々な立場からのお話しが聞けるものでした。
私は、先月の公演を観ていなかったのですが、自分が関わった作品づくりの経験を思い起こしながら興味深く勉強する事が出来ました。

詳しくは、後日まとめて書き込みたいと思いますが、
私自身が今まで活動の中で感じたり、考えてきた「想い」とつながる部分の多い、
そして「面白い事してる人、こんなにいるんだ!」という自身に繋がるシンポジウムでした。
クリックすると元のサイズで表示します

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック